葬儀まめ知識/仏事葬儀のまめ知識/Q&A/質問メール
新盆について
丁寧な新盆(にいぼん)の迎え方

四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆のことを「新盆」とか「初盆」「にいぼん・しんぼん・はつぼん」などと呼びます。

 故人が仏になって初めての里帰りということで新盆のご供養は、みなさん特に丁寧にやってお弔いをします。

新盆の時には仏壇の前に盆棚=(精霊棚)を儲け、初物の農作物でつくったお供物(きゆうり・なす)を飾り、供養膳に精進料理をもり、白玉・だんご・果物・故人の好物なども供えます

※八百屋さんなどで売ってますので買ってきてくださいね。




そして仏壇のそばや軒先に新盆の白い提灯を飾ってあげてください
白い提灯は新盆の家が購入します。


親戚や故人と仲のよかった友人などを呼んで、お坊さんに読経してもらいます。
故人の思い出話などをしながら会食の場をもうけるするの人もいます。

間違えやすいのが故人の四十九日にならないうちに前にお盆を迎えた時、翌年が新盆になるので気をつけましょう。

分かりやすく言うとお骨かがあるうちは、お盆が来ても新盆ではありません。

お盆の時期はお寺も忙しいので
なるべく早めに連絡をとっておいたほうがいいとおももいます。



新盆には提灯を親戚が贈る習慣があります。

最近では現金で「提灯代」として贈るケースなどもあるようですね

絵柄の入ったきれいな提灯は毎年のお盆に使い、白張り提灯は新盆の時だけになります。

白張り提灯は新しい仏様のための、まっさらな提灯と言う意味合いなので
お盆の風習としては用意するものとなっています

一年限りのものです、使い終わったらお寺に納めるか、迎え火のとき一緒に燃やしてください。

絵柄の入った盆提灯は毎年使えるので、
ちょっといいものを用意しておいたほうがお得かもしれませんね。
お盆用提灯 新盆用提灯
1300円ぐらいでうってます


※一般的なお盆についてもどる

通販トップページ


葬儀・葬式・密葬の佐藤葬祭topページへ

このページに関するお問い合わせは、
東京都世田谷区北沢5-34-14 佐藤葬祭 
tel 03-3468-0949 もしくは info@sato1976.com までお願いします